昔から毛が薄いほうではなかったため、脱毛にはひどく苦労しました。毛の薄い友達がうらやましくてたまりませんでした。 毛が生え始めた頃は母親に教えてもらったカミソリでそる方法で処理をしていました。その頃は毛も細く、薄かったためにカミソリだけでつるつるのお肌になることができました。当時は処理面倒くさいな~と思う程度でした。 しかしそういう処理を続けるうちに、どんどん毛は太く濃くなってしまい、カミソリを一度あてただけでは黒いぽつぽつが残るようになってしまいました。 そこでカミソリを同じ箇所に何度もあてて完全にそり切ろうとしてしまったのです。もちろん肌は傷だらけのぼろぼろ。カミソリのあてられない肌になってしまいました。 しかし年頃の女でしたから、処理しないわけにもいかず、次は毛抜きでの処理にすることにしました。鋭い痛みがあったのですが、だんだん痛みになれてくればカミソリのようなぽつぽつも残らないしいい方法だなと思うようになりました。 しかしだんだん毛が埋まるようになりました。そしてそれを無理矢理引き出すことでまた肌はボロボロに。しかも毛抜きは毎日毎日かなりの時間を要しました。 このように自宅での脱毛はお金はかかりませんが、大変ですし、お肌がぼろぼろになるのでオススメできません。