脱毛士とは

脱毛士という資格がありますが、なかなか聞き慣れないかもしれません。 日本では2つ脱毛士の資格があって、1つは日本医学脱毛学会が行う認定脱毛士、 これは医師か看護師が前提で受けられる資格で、医療脱毛のエキスパートとして 活躍します。 もう一つはソワンエステティック協会が認定する、美容脱毛士です。 スクールも開催されていますし、スクールや専門学校で300時間以上の カリキュラムの修了が必要となっていて、経験豊富でなければ 受けられない資格になっています。 脱毛エステサロンで脱毛士と言えば、ほとんどがこの美容脱毛士になります。 どちらも国家資格ではありませんが、それなりの技術と知識を持ち合わせているので なにも資格が無いエステティシャンよりは有資格者の方が安心できますね。 他にはアメリカでの脱毛士の資格があり、米国電気脱毛協会での資格があります。 脱毛士の中でも取得が難しく、維持するの大変なので世界中の基準になっているとも言われています。 そのため、日本での技術者はそれほど多くなく、店長クラスやオーナなどで 保持している人が多いほどです。 日本での電気脱毛は医師法との関係が微妙ですが、世界中で認められている 資格になっています。